奥野研HPへようこそ

私たち奥野研究室は、様々な高温熱源から高速プラズマ流体を媒体として高効率発電を行う「MHD(電磁流体力学)発電」を中心テーマとして、発電性能向上実証実験とプラズマ電磁流体数値シミュレーションを両軸に環境適合エネルギー変換(高効率電力発生)技術の実現を目指しています。宇宙でのエネルギー変換(宇宙用電力変換技術)や電磁流体応用技術の更なる展開も視野に入れています。様々な大学・分野から熱意ある学生が集い、楽しさと活気に溢れた雰囲気の中で一丸となって取り組んでいます。是非見学にいらして下さい。研究室一同歓迎致します。

○ 工学院機械系説明会(研究室見学会を含む)が開催されます。ふるってご参加下さい。

○ 個別の研究室訪問・見学も随時受け付けています。気軽に奥野までメールでお問い合わせください。

主な研究テーマ

 シードフリー環境適合型クリーンMHD発電機の開発と高性能化実験
地球温暖化対策のみならず,我が国のエネルギー安全保障の観点から,既存の技術を超えたより一層環境に適合する高効率な発電システムの構築が求められています。その有力な候補として多様な熱源に適応できる高効率クローズドサイクルMHD発電の実用化研究が国内外で精力的に進められ,多くの知見を蓄積するに至っていますが,未だに本格的なプロジェクトへの展開に繋がっていません。その要因の一つは,システムの複雑さ(結果的に高価)にありますが,奥野研究室では,従来の研究では煩雑ながらも不可避とされてきた「シード」(作動気体への金属蒸気の微量添加)のフリー化という既成概念を大きく覆すブレークスルーを世界で初めて展開しており,更なる発電性能の向上とその開発ロードマップを確固たるものにすることを目指しています。

 レーザパワー伝送におけるMHD電力変換に関する基礎研究
宇宙空間でのエネルギー伝送として,レーザなどの電磁波をエネルギーキャリアとした無線パワー伝送が考えられています。奥野研究室では,その電力への変換デバイスとしてのMHD電力変換方式に関する実験的研究を進めています。MHD変換システムが軽量で,かつ外部からのエネルギー供給とすることで,宇宙機のペイロード比の飛躍的な向上が期待されています。

 プラズマ・流体の電磁流体数値シミュレーション
発電機内のプラズマ電磁流体の挙動を、数値シミュレーションにより解明します。そこではMHD発電において本質となるプラズマと流体との相互作用を考慮し、発電性能向上のための指針を得ます。

解説

 令和元年度版  奥野研究室パンフレット (pdf 277kB)

 令和元年度版  奥野研究室ポスター (pdf 1,841kB)

 「研究グループ紹介」 電気学会 電力・エネルギー部門 ニュースレター 2011年8月号(pdf 535kB)

 解説:プラズマ電磁流体を利用した高効率エネルギー変換技術 日本航空宇宙学会誌 Vol.59, No.690(2011)(pdf 1MB)

 解説:MHD発電機内の電磁流体現象 ながれ Vol.27, No.3, pp.233-240(2008)(pdf 736kB)

 解説:東京工業大学におけるMHD発電研究概説(pdf 1.3MB)

 解説:高効率エネルギー変換 -MHD発電-(pdf 0.8MB)




東京工業大学 工学院 機械系 奥野喜裕研究室
すずかけ台キャンパス・大学院3号館(G3棟) 408号室
アクセスマップはこちら

ページトップへ
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) FreeTmpl001 All Rights Reserved.